楽天カードの都市伝説!審査と電話について

楽天カードの都市伝説!審査と電話について

楽天カードの入会属性について

楽天カードを申し込む前に気になるのが審査ではないでしょうか。比較的審査がゆるいという噂がありますが、それが本当かはわかりにくくなっています。特にアルバイトやパート勤務の人、専業主婦の方にとって審査内容はとても重要となります。

 

まずは楽天カード公式サイトに記載されている情報について紹介します。公式サイトに書かれている情報はあくまでも基本的なものですが、一番最初に確認したい事柄です。詳しくチェックしていってください。

 

楽天カード公式サイトには「主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます」と記載されています。ただし審査の結果では必ず利用できるとは限らない場合があると書かれています。

 

特に年収や職業など具体的な属性については記載されてません。どこのカード会社でもそうですが、大まかな属性のみ記載し後はその人に対する審査状況により変わってくるため、大体の情報しか書かれていないことが多いようです。

 

年齢については学生カードもあるため18歳以上としており、高校生以外の18歳以上なら申し込めるとあります。学生の方はアルバイトで多少収入があれば審査に通る可能性があるでしょう。それ以外の方は基本的にはアルバイトやパートでも良いので働いている方が対象となります。

 

楽天カードのポイントをゲットするには? 

年収が低い方でも利用できる可能性大

楽天カードの審査が容易だと考えられているのは、対象年齢や勤務形態が多少ゆるいからでしょう。クレジットカードの多くは20歳以上を対象としていることが多いのですが、楽天カードでは高校生を除く18歳以上から学生カードを作成できます。

 

更に収入はアルバイトでもパートでも可と書かれており、ここから読み取ると年収にはこだわりが無いと判断できます。例えばパート勤務で扶養控除が得られる130万円まで働いている主婦の方、学生でも大学や専門学校に通いながら空き時間を利用してのバイトなら、年収100万円以下のことも多いと思います。

 

つまり楽天カードはこれらの属性の人も歓迎しているといえるのです。年収の基準は詳しくは明記されていないため、年収20万円や30万円などかなり少ない方が審査に通るかは不明ですが、一般的に考える主婦の人が利用するパート勤務の年収程度なら利用できる可能性は十分あります。

 

また、主婦の方は年収が少なければ夫の名義で申し込むこともできます。楽天カードでは収入が全く無い主婦の方でも申し込みがOKとなっており、お勤めしていない人はその旨を伝える必要があります。その場合は別途夫の所得を証明する書類や、勤務先など詳しい情報の提示が求められることもあるため用意しておきましょう。

こんな人も意外と作れるかも

楽天カードでは比較的審査がゆるいといわれているため、次のような人でも申し込みができる可能性があります。

 

・ 年金受給者
楽天カードの公式サイトには年金を受け取っている人が申し込む場合、年金証明書の提出を求める場合があるとしています。給与以外で得たお金も所得として計算してもらうことができ、そのなかに年金も含めているようです。

 

・ 高齢者でも審査が通る可能性が
年金受給者でも審査に通る可能性を考えると、高齢者でも楽天カードを作ることができる可能性もあるでしょう。70歳くらいでカードが作成しにくくなると感じる人もいますが、楽天カードなら試してみる価値はあります。
 
・ 個人事業主でもOK
所得証明書の書類の対象として納税通知書や青色申告決算書でもOKとしています。つまり個人事業主の方、自由業の方でも何らかの所得があれば審査対象となるわけです。また、楽天カードではビジネスカードもあるため、事業費用をカード払いにしたい方も申し込むことができます。

 

・ 収入が少なくても審査対象になる可能性
楽天カードは所得が少ない人でも審査対象となる可能性があります。給与所得以外の収入があるなら、その金額を記載し申し込みしてみるとよいでしょう。利用者の信用情報によっては審査が通る可能性もあります。

無職でも作れるか?

楽天カードは無職でも作れるのか、気になる方もいるでしょう。

基本的にはアルバイトやパートなど収入があることが前提となっているようです。年金収入でも雑収入でもなんでも良いので、とにかく収入があることが最低限必要です。

 

ただし、噂によると無職でも楽天カードを作れたという人もいるのが事実です。収入が無い場合はきちんと申し出てくださいと書かれているため、正直に申告すると良いでしょう。

 

なぜ無職でも作りやすいといわれているのかは、楽天カードは機械にて審査をパスする方法を取っているからです。最初は大まかな属性にてカードを発行するかを決めており、その後詳しい審査が再度行われる会社だからです。そのため稀に無職でも別途資産を持っていることが確認された場合などは、審査に通ることがあるようです。

 

しかし、無職でも必ず審査に通るわけではないため勘違いしないようにしましょう。楽天カード側が返済能力があると判断したのみ作れると考えておいてください。

 

無職でも返済能力があるなら、100%諦める必要はありません。一時的に職を離れている方も資産が十分あることが証明できる方、次の再就職が決まっている方などはチャレンジして見る価値はありそうです。

 

楽天カードのポイントをゲットするには? 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ